×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


雨格子の館の簡単な感想とレビュー
を書いています。
雨格子の館は2007年3月8日に日本一ソフトウェアから発売された本格推理ゲームです。


mark 【期間限定】ネットで月に5040円を確実に稼ぐ方法
あるサイトに書き込みをするだけでお金がもらえる方法を利用したものですね。
1日5分、毎日やれば1ヵ月で5040円が絶対に稼げるので、購入資金の足しにしてください

雨格子の館のレビュー


雨格子の館のあらすじ

嵐の中、山道で迷った一柳和(いちやなぎ なごむ)はたどり着いた館の庭先で男の死体を発見するが、何者かに背後から殴られ昏倒してしまう。目を覚まして捜しに行ったときには、死体はこつ然と消え失せていた。館に集っていたのは、誰も正体を知らない謎の脚本家"帽子屋"に集められた役者たち。和はいまだに現れない"9人目の役者"と間違われそうになる。
 そんな中、不審な物音を聞き、物音のほうに行ってみたところ、"復讐"と書かれた不吉な紙と黒猫の置物が温室に置かれていた。一同は不気味な悪戯と本気にしないが、何者かがクルマのタイヤをパンクさせ、一同は不穏な空気に包まれる……。翌朝、役者のひとりが本当に死体で発見される。しかも死体は何かを暗示するように奇妙な装飾がされた殺人だった。部外者である和と、同室に泊まっていた日織(ひおり)は都合よくアリバイを証明できたが、そのことでかえって怪しまれる立場に……。さらに館は崖崩れによって外界から孤立してしまう。疑心暗鬼に陥り、互いに接触を避け始める役者たち。自分を守ることで精一杯な彼らは能動的に犯人を捜す余裕もなく、下山予定であった一週間後を怯えながら待つ。つぎの殺人を阻止しようと奔走するのは、犯人の復讐とは無関係である和だけ。予告と殺人の謎を解き、殺人を未然に防ぎながら、真犯人を指摘することができるか!? タイムリミットは7日間。「それを過ぎちまったら犯人は……もう、誰も逃してはくれないでしょう」。
 list 雨格子の館公式サイトより一部引用です




雨格子の館の感想!

聞き取りをしたり、自分でアリバイ表を作成したりと本当の刑事のような気分を味わえます
雰囲気も本当によくできていて、実際にプレイ画面の中に入り込んだような感じが・・・
ただ、最高ランクのクリアは本当にシビアです。普通にクリアするのでしたらなんとかなりますよ
時間とか行動回数に制限があるとやっぱり、緊張感が出ますが、人によっては評価が下がるかも
個人的にはメリハリするのでいいと思いましたが賛否両論かもしれませんね

この雨格子の館とほかの推理ゲームとの一番の違いは、殺人を未然に防ぐことができるということですね。
金田一少年の事件簿や名探偵コナン(バーロー)などは、殺人事件が起こった後に初めて捜査をやったりということでちょっと斬新で、面白かったです。
気に入らないキャラをあえて助けなかったりとかもできますよ。

今のところの目標は最高ランクのクリアですけど、ハッキリ言って攻略サイトがないと厳しい。
こまめにセーブをとって、いろんな細かなことをやってフラグを立ててーという風に単純作業になるかも
雨格子の館の攻略本が出たら簡単にできそうな気がするけど、面白みが落ちてしまいそうだし悩みどころ
ま、映画とかでも最初にネタバレ見ると、見る気がなくなり評価が下がるのと同じ感覚かな

個人的な感想としては、ものすごくゲーム全体の雰囲気がよいので、細かな作業が嫌いな人以外はお勧めできますね。
システムも今までのものとは違う異質なタイプのものなので、変わったゲームがしたいという人にも高い評価が得られるのではないかなーと思います。
キャラの性格とかも、いろいろと練りこまれているので、会話の掛け合いとかも面白かったですね。

雨格子の館はプレイ時間が思ったより長いので、社会人の人は休みの日にプレイしないと、気になって仕事が手につかないかも(私のように)
ま、あくまでも個人的な感想というかレビューなので・・
100点満点で評価するなら、94点ってとこです(音楽や雰囲気が物凄くよかったで高評価)


インターネットで簡単にお小遣い稼ぎ ←先月は2万ちょい稼げました